• image
  • 3E271B9E-D3C6-43ED-B93E-63972C71A182
  • B2A53D06-60B0-4BD3-A306-A29599695D47
  • 17D58933-3F50-4318-B1E7-308B7F898168

大阪・難波 姿勢改善専門パーソナルトレーニングジム パフォーマンスアップ トレーニングの7原則について

5BE08716-7C01-40BB-AE78-12732E1F0B4D

大阪・難波で活動しています、パーソナルトレーナー 千田です。

今回はトレーニングの7原則についてお話ししたいと思います。
聞き覚えがない方も居られると思いますが、トレーニングをする上で参考にして頂けたらと思います!

過負荷の原則
簡単にこなせてしまうくらいの負荷では、トレーニングそのものの意味がほとんどなくなってしまいます。その方にあったある程度の負荷は必要になります。

漸進性の原則
トレーニングの強度はずっと同じままだと効果は変わりません。トレーニングのセットが前より楽になったら次のトレーニングから少し重さを変えていきましょう。

反復性の原則
トレーニングは習慣的に行い、継続していくことで成果が得られます。最低週2回はトレーニングを行うようにしましょう。

意識性の原則
使っている部位を意識しながらトレーニングすること。そしてトレーニングの目的や方法、効果をしっかりと理解した上でトレーニングを行わないと、トレーニング効果は得づらいということです。どの筋肉を鍛えているのかを意識しながらトレーニングを行っていくようにしましょう。

個別性の原則
トレーニングの種目、量、強度を決める時は、体力等を考慮しトレーニングプログラムを考えて作成します。強度か強すぎると怪我をする可能性もあります。
強度が軽くても成果が得られないという恐れもあります。

全面性の原則
ある部位や種目ばかりに偏ったトレーニングを続けていると、身体のバランスが崩れてきてしまう恐れがあります。また、部分の使い過ぎによる怪我を招く恐れがあります。トレーニングというのは、ただ単に筋肉をつけるだけでなく、バランスなどあらゆる面を考えなくてはならないということです。

特異性の原則
例えば持久力を上げるようなトレーニングで筋肉は大きく出来ません。トレーニングの持つそれぞれの特性を理解して、目的を達成するためにはどのトレーニングを行っていくか考える必要があります。

以上を踏まえてトレーニングを行なうと、より効果が得られるかもしれませんね!!

2018年03月31日 07:34

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

連絡先

パフォーマンスアップ
090-6234-3579


活動場所・時間

難波店

〒556-0016
大阪府大阪市浪速区
元町1丁目11-10 303

- 営業時間 -
 7:00~24:00

- 定 休 日 -
不定休

アクセスはこちら

モバイルサイト

動作改善・姿勢改善パーソナルトレーニングジム パフォーマンスアップスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら